グーグル・ヤフー検索サイト機能の上手な使い方!サイト検索情報局

サイト検索!役立つ情報、知りたい情報を素早くつかむ、一歩先行くグーグルヤフー検索サイト機能のテクニックを紹介します。






スポンサードリンク

「マイクロソフト」・「アップル」を検索する効率的なワザとは?

グーグルスペシャルサーチ!?
 
「アメリカ政府」「マイクロソフト」「アップル」「リナックス」「BSD(OSソフト)」・・・
この5つの項目について、グーグルでは、・・・
「グーグルスペシャルサーチ」という検索ページを持っている。
 
コレは公式サイトを中心にまとめたページです。
 
アメリカ政府関係者のコメントなど、確実な情報を調べたい場合は重宝する。
 
実際、このページの「アメリカ政府」で検索すると、政府高官の発言など、
関連した検索結果のみを表示してくれます。
 
普通の検索より、はるかに効率よいのが助かります。
 
■「マイクロソフト」『アップル」を検索する効率わざとは?【ーグルスペシャルサーチ】
 
1:アメリカ政府専用の検索ページ(http://www.google.com/unclesam)
から、「イラク問題」を検索してみると、政府高官の声などをピンポイントで検索できる。
2:マイクロソフトやウインドウズ関連情報を得たい場合は、
マイクロソフトサーチ( http://www.google.com/microsoft )を使って関係情報だけに絞って検索できる。
3:同様にMacintosh 関連の情報が知りたい時は、グーグルサーチMac(http://www.google.com/mac) を使ってみると良い。
posted by saitekensaku at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | グーグル仕事術

人気サイトに一発でアクセスできるワザ!

人気サイトに一発でアクセスできると便利だがな〜と・・・
できるんです!【グーグルツールバー】で・・・
 
サイトにアクセスするには、通常、キーワードを検索ボックスに入力して検索し、
検索結果に表示されたリンクをクリックする。
 
しかし、グーグルツールバーを組み込んだブラウザなら、アドレスが表示されるウインドウに
日本語を入力して、目当てのサイトにダイレクトにアクセスできる。
このワザは、メジャーなサイトを見るときにしか使えないが、無駄なサイト検索をせずに、
最短時間でアクセスできるので、ぜひ活用したいものです。
 
■Google ツールバーを活用する。
 
1:URLウインドウ(アドレス欄)に「朝日新聞」などと入力し、Enterキーを押す。
2:入力した日本語名のサイトがダイレクトに表示される。
URLウインドウには、英単語入力によって、
海外のサイトにもダイレクトにアクセスすることが可能なのです。
 
例:日本語入力でダイレクトにアクセスできるホームページ例。
 
国会議事堂  首相官邸  日経新聞  読売新聞  NTT東日本  KDDI 
 
JR東日本  ANA  東京電力  関西電力  東京ガス  警視庁  ヤマト運輸
 
佐川急便  White House    NASA   ・・・・などなど
posted by saitekensaku at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(2) | グーグル仕事術

公式サイトを一番早く見つけるワザ

公式サイトを一番早く見つけるワザに、「I'm Feeling Lucky」検索がアル。
 
企業のサイトなど、見たいサイトが決まっている場合に、いい方法がある。
 
「企業名」を入力し、「I'm Feeling Lucky」をクリックするのです。
 
通常の検索では必ず検索結果画面が表示されるが、「I'm Feeling Lucky」をクリックすれば、
検索結果は表示されず、検索結果の最上位のサイトにダイレクトにアクセスできる。
 
「どんなサイトがあるか知らないが、ページランク1番のサイトを見たい」という場合にも、
便利な検索方法である。
 
■<検索結果を省略してダイレクトにホームページにアクセスする>
通常の検索を行った場合、検索結果から目的のホームページを見つけ、
リンク先をクリックしなければアクセスできない。
 http://www.google.co.jp/ [ googleトップページ]
1:キーワードを入力後、「I'm Feelinng Luchy」をクリックする。
2:検索結果を省略して目的のホームページにダイレクトにアクセスできる。
posted by saitekensaku at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | グーグル仕事術

グーグルのすごさ!「世界中の論文」を閲覧可能!

いまや手放せない自分の手足、パソコン、インターネット!
専門的な知識を知りたい場合や、卒論などで資料が必要になった時どうしますか?
 
そんな困ったに対応するのが「グーグルスコラ
 
たとえば、学位論文や専門書籍、テクニカルレポートといった学術的な論文に絞って
キーワード検索ができる。
検索できるアイテムは、分野に関係なくインデックス化されているため、
学術的な資料を横断的に調べることができる。
            ↓            ↓
 
検索方法は、基本的にグーグル検索同様、興味がある分野や探している資料に
関連したキーワードを入力して行うが、検索オプションとして、執筆者を指定し、
キーワードと合わせて検索することもできる。
検索結果に表示されている学術資料は、基本的にインターネット上で
全文が入手できる仕組みで、プレプリントサーバーや
大學のWebサイトなど複数のリンクが提供されている場合もある。
 
リストアップされた論文タイトルの横には、それぞれ「Cited by」として
引用件数が表示されているため、
その資料がどれだけ引用されているのかが分かるため、信頼性の目安にもなる。
 
【グーグルスコラ】<学術的な資料を検索する>
 
1:http://scholar.google.com/ にアクセス。検索ボックスにキーワードを入力して、
「Search]をクリックする。
2:検索結果には広告などは一切表示されない。
「Cited by」をチェックすると引用件数が分かる。
3:トップページから「Advanced Scholar Search」をクリックすると、
検索キーワードに論文執筆者を追加できる。
posted by saitekensaku at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | グーグル仕事術

ブログだけを検索?その早業とは?

今「SNS」ソーシャルネットワーキングが人気を・・・
中でもMIXI(ミクシー)が話題に上っています。
インターネット上でブログを公開しているユーザーは多い。
 
専門家顔負けの豊富な知識を惜しげもなく披露している人もある。
いまやブログは、インターネット上での貴重な情報源となっている。
 
そんなブログだけを検索対象にするサービスがグーグルにはあるのです。
それが、グーグルブログサーチです。
コレを使って、検索対象範囲をブログサイトに絞りこんだ検索を実行してみましょう。
現時点では英語版サービスだけ提供しているが、日本語キーワードによる検索も行える。
 
■「ブログだけ』を検索する時の早業とは?【グーグルブログサーチ】
 
1:グーグルブログサーチ(http://blogsearch.google.com/)では、
検索範囲をブログサイトに限定して検索できる。
2:有益な情報が公開されているブログサイトがすぐに見つかる。
3:トップページから「Advanced Blog Search」をクリックすると、
検索オプションが利用できる。
「in the blog title」は、ブログタイトルに含まれるワードを検索できるオプションだ。
posted by saitekensaku at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(1) | グーグル仕事術

英和・和英・・・検索ボックスは「辞書」にもなる!

目の前のパソコンでサイトを見ていると、「この表現を英語で言うと?」
「この英語はそもそもどういう意味?」といった好奇心が沸きあがってくることが・・・
こんな時便利なのが、ネット上で利用できるオンライン辞書!
ブラウザのお気に入りに、「英和辞書」や「和英辞書」サイトを登録している人も多いだろう。
しかし、ただ、翻訳したい言葉や意味を調べたい言葉があるたびに、
いちいちお気に入りから辞書サイトにアクセスするのは手間がかかり面倒です。
そこで・・・
グーグルの検索ボックスを辞書代わりに活用してしまおうというのです。
このワザを使えば、辞書サイトにアクセスするよりも素早く調べることができるのです。
            ↓            ↓
検索ボックスを辞書代わりに活用するには、ブラウザでグーグルのトップページにアクセスし、
検索ボックスに「和英」又は「英和」と入力。
スペースに続けて単語を入力し、「グーグル検索」をクリックするだけでOK.
入力した単語をウグ調べることができる。
 
■英和・和英・・・検索ボックスは「辞書」にもなる!【辞書機能】
 
入力するキーワード
和英(英和)□訳したい単語
 
1:ブラウザでhttp://www.google.co.jp/グーグルのトップにアクセスし、
検索ボックスに「和英□訳したい単語」を入力して探索。
2:検索結果の最上部に辞書サイトが表示されるので、そのままクリックする。
3:入力ボックスには、すでに調べたい単語が入力されているため、一発で単語の英訳が行える。
英単語を日本語に訳したい場合には、「英和□約したい単語」と入力すればよい。
 
posted by saitekensaku at 14:57 | Comment(1) | TrackBack(1) | グーグル仕事術

グーグル電卓「単位計算・為替計算・・・」が検索ボックスで可能!

グーグル電卓?一体どのようなものなのか?
パソコンを使っていると途中で、ちょっと計算をしてみたくなる時がありますよね。
単純な計算であれば、ウインドウズ似組み込まれている電卓ソフトを使えばいい話ですが・・・
だが・・・
「単位計算」「為替計算」といった特殊な計算や、関数や物理定数を使った計算は・・・・・・
どうすればよいのだろうか?
そのレベルになると、通常の電卓ソフトではできません。
☆このような時には「グーグル電卓」を活用するといい。
グーグルは、キーワードに関連するサイトを検索するばかりではない。
数字・記号・単語を組み合わせて入力すれば、「1+3」といった簡単な計算はもちろん、
単位換算などの高度な計算の答えを即座に”検索”してくれるのです。
つまり、・・グーグルは高機能な電卓ツールとしても活用ができるのです。
使い方はいたって簡単!
検索ボックスに計算式を入力し、「グーグル検索」をクリックするか、エンターキーを押すだけ!
即座に答えが出てくるのです。
この技を覚えておけば、仕事でも、為替単位や度量衡(どりょうこう)換算も
素早くできるというものです。
 
■電卓ソフトでは計算できない回答も”検索”【グーグル電卓】
 
1:検索ボックスに「アボガド定食」を入力して「グーグル検索」をクリックすると、
忘れていた公式が即座に求められる。
 
2:
外貨を円建てで計算したい場合は、「Oドルは何円」と入力するだけで良い。
又、円をドル立てで計算したい場合は「O円は何ドル」と入力すればよい。
 
 
<入力するキーワード>            < 計算結果>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1:一年は何秒            →   1年=31 556 926秒
2:地球の質量                地球の質量=5.9742×1024キログラム
3:1光年は何キロ         →   1光年=9.3605284×1012キロメートル
4:1ポンドは何キロ             1ポンド=0.45359237キログラム
5:大さじ1は何cc         →   大さじ1=15cc
6:1升は何リットル             1升=1.8039リットル
7:(5+3i)*(2+3i)/5i      →   ((5+3i))*(2+3i))/(5*i)=4.2-0.2i
8:(1200+2300)*8/(16-8)          ((1200+2300)*8)/(16-8)=3500
9:アボガドロ定数          →   アボガドロ定数=6.02214199×1023mol-1
10:90マイルは何キロ      →     90マイル=144.84096キロメートル
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆惑星や恒星の質量なども簡単に調べることができるほか、メジャーリーグで一般的な
マイル表示を時速に換算できれば、生活がより楽しくなるのではないか・
posted by saitekensaku at 14:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | グーグル仕事術

サイトの信頼性を確認する簡単な方法とは?

もしもあなたが、専門的な情報や高度な知識が掲載されているサイトを参考にする場合、
その情報が、本当に正しいかどうかを判断するのは簡単な事ではないです。
カウンターをトップページに設置しているサイトも見かけますが、・・・・・
その数字の大きさが、大きければ人気のあるサイトといえるが、アクセス数が多いからといって、
必ずしもそのサイトの情報が、正確だとは限らない。
その数字だけで、そのサイトの信用性をするのは危険です。

そこで便利なのが、「link:」構文。
この構文を使えば、自分がアクセスしているサイトが、どんなサイトにリンクされているかを
調べることができる。
リンク元のサイトをチェックすれば、そのサイトの信頼性もある程度は把握できる。
たとえば、見た目のデザインが悪く、テキストだけで埋め尽くされた一見怪しそうなサイトであっても
、国立研究所のサイトがそこへリンクしたりすることがアル。
それなら一定の評価は得ているはずなので、信頼性も高いと評価できます。
 ■ホームページの信用性も高いということができる。
1:アクセスしたh−ムページのURLを選択して、右クリックし、
「コピー」を選んでURlLをコピーする。
2:グーグルトップページの検索ボックスを右クリックして「選択」。
コピーしたURLを貼り付け、{http://」の箇所を「link]」に書き換える。
 3:そのhホームページに対してリンクをしているホームページが検索結果にI一覧表示される。
posted by saitekensaku at 01:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | グーグル仕事術

企業概要・株価、会社情報の一発検索!

グーグルには、企業概要や株価、財務指標などのデータを、
検索一発で見つけ出す方法があります。
検索ボックスのキーワードに「企業情報□会社名」と入力すればいい。コレだけです。
実はグーグルは、日本経済新聞社と提携しており、このような「会社情報」というキーワードを、
先頭に持ってくることによって、日経の総合企業情報ページへのリンクが先頭に
表示されるようになっているのです。
グーグルの起業情報検索なら、その日の株価から、企業からのニュース、
企業内の人事まで、日経新聞に載っているようなことはすべて、
この検索一発で完結させることができる優れものなのです。
 
■起業情報・株価・・・「有益な会社情報」を一発で知りたい!【キーワードのワザ】
入力するキーワード
会社名□企業名
1:ブラウザでグーグルトップページにアクセスし、「会社情報□企業名」を入力して
検索を実行する。http://www.google.co.jp/
検索結果の最上部に企業情報サイトへのリンク先が表示されるので、クリック。
2:株価などの企業業績ページにアクセスするが、そのほかにも、企業概要や決算広告、
人事情報、関連ニュースなども公開されている。
3:関連ニュースなどは、その企業の現状や将来性を読み解く上で重要な情報です。
 
posted by saitekensaku at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | グーグル仕事術

「ネットトレード」株価チェックの基本!

ネット上で株式を売買するネットトレードが人気を集めています。
株は、買った値段よりも高い値段で売らなければ利益を得られないのはいううまでもない。
ネットトレードで確実に利益を得るには、毎日の株価のチェックが欠かせない。
通常、上場企業の株価変動をチェックする場合、ネットトレード用の講座を開設した証券会社で、
ネット情報サービスを利用するのが一般的。
ただ、「トレードはしないが、株価はマメにチェックしたい」といったこともアル。
このような時も最も簡単な株価チェックのワザがあるのです。
こんな時もグーグルの検索ボックスが便利。
「株価□上場企業名」を入力するだけで、簡単に株式相場を調べることができるのです。
 
株価□上場企業名」−コレが「株価チェック」の基本!
入力するキーワード
株価□上場企業名
1:ブラウザでグーグルトップペジにアクセスし、
検索ボックスに「株価□上場企業名」を入力して検索実行する。
2:検索結果の上位に表示されたりりんく先をクリックする。
3:入力した上場企業の株式情報にダイレクトにアクセスできる。
posted by saitekensaku at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | グーグル仕事術

「宅配便の配送状況」をグーグルで追跡!

コレは覚えておくと以外に便利なサービスです。
グーグルで「宅配便の配達状況」を追跡!
 
サービスとしてはとても身近なもので、利用頻度も高いかと!【キーワードのワザ】
 
ビジネスで、宅配便を使って大事な荷物を発送することがよくある。
こんなとき、トラブルを避けるためにも、送った荷物がどこにあるか、
すでに相手が受け取っているのかをきちんと把握しておいた法がよい。
 宅配便の配送状況は、宅配業者のサイトにアクセスし、伝票番号を入力すればちぇkつくできる。
ただ、いちいち否定の宅配業者のサイトを検索し、アクセスするのは面倒だ。
 
このような場合、グーグルの検索ボックスを活用すれば、荷物の配送状況を短時間で確認しよう。
ここで紹介するのは、ヤマト運輸を利用した時に使える便利な検索ワザ。
 
手順は、グーグルの検索ボックスに、「ヤマト」に続けて伝票番号を入力し、検索するだけ。
自動的にクロネコヤマトの、荷物問い合わせ用のサイトにアクセスして、
ダイレクトに配送状況を追跡できる。
こまめに配送状況を確認し、その都度送り先に知らせることも可能になるので、
相手も安心できるというものです。
 
 ■入力するキーワード
例:ヤマト伝票番号
1:ブラウザでGoogleトップページにアクセスし、「ヤマト」に続けてハイフォンを付けずに、
伝票番号を入力し、検索を実行する。
2:クロネコヤマトの荷物追跡情報にダイレクトにアクセスでき、
発送した荷物がどこにあるのかを即座に確認できる。
 
 
 
 
posted by saitekensaku at 15:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | グーグル仕事術

英語表現添削機能「グーグルツールバー」

グーグル翻訳という機能について触れましたが、・・・
自分で書いた英語表現を「ツールバー」で添削することができるのです。
 
ネット上には「グーグル翻訳」をはじめ、日本語を英語に翻訳するサービスがあるといいましたが、
コレ派無料で使えるために活用している人は多いいでしょう。
こういった翻訳サービスは、英文で書類や手紙を短時間で作成しなければならない時など、
急を要する場合には重宝するものです。
ただ、いつもこのようなサイトを使っていたのではいつまでたっても英語の力は伸びない?・・・
英語であっても、自分の言葉で、自分の気持ちを伝えたいのであれば、
自分の文章を英訳するのではなくて、まずは、えいぶんを書いてみることが先決では?・・・・・
 
それで、スペルや文法に誤りがないかをチェックするほうが、スキルアップにも役立つはずです。
 
そこで活用したいのが・・・「グーグルツールバー」に搭載されているスペルチェック機能!
コレは自分の書いた英文に、スペルミスや文法上の誤りがないかどうかを構成してるれるもの。
多少手間はかかるものの、それだけ正確な文章が出来上がるはずです。
 
■スペルの有無をチェックする。
1:グーグルツールバーをインストールし、フォーム内に英文を書き込む。
2:グーグルツールバーの「チェック」をクリックすると、
フォームないに書き込まれた英文のスペルチェックを自動で行い、
間違いがある単語は赤字で表示される。
指摘された単語をクリックすると、複数の候補が示されるので、
正しいものを選択するなどして修正する。
 
 
posted by saitekensaku at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | グーグル仕事術

英語を日本語に翻訳!「グーグル翻訳」

コレは以外にもありがたいサービスではないでしょうか。
 英語を「グーグルで翻訳」!・・・・「「グーグル翻訳
英語を「グーグル翻訳」にコピー&ペーストすることで日本語に翻訳ができる?
 
グーグルが無料で提供している翻訳サイト「グーグル翻訳」は使い勝手がよく、
非常に便利なサービスです。
所定の入力画面にウィ分をコピー&ペーストすると簡単に翻訳することができるという。
 
ネットで情報を入手する場合、国内のサイトだけでは足りず、
海外のサイトも活用しなければならない時がある。
又、仕事で英語を使わない人でも、これからはショッピングなどで英文メールを読むことが
ますます増えてくるであろうと考えられます。
そんな時には・・・・・
グーグル翻訳」は手軽に使える上に、精度も高いので、非常に重宝する。
又、英文サイトのアドレスを入力して「翻訳」をクリックすれば、ページ全体を翻訳して表示できる。
 
すごいと思いませんか?・・・
 
英日・日英翻訳はもちろん、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、
中国語、韓国語の各言語同士の翻訳も可能とのことです。
英語以外の外国語を日本語に翻訳することはできないが、
そういう時は一度英文に翻訳してから日本語に再翻訳すればよいのです。
 
手順「グーグル翻訳」の使い方!
 
☆トップページから「more>>」→「翻訳」をクリック。英文を日本語に翻訳するには・・・
1:翻訳ウインドウに英文テキストを入力又はコピー&ペーストして「翻訳」をクリックする。
2:英文をその他の言語に翻訳したい場合は、翻訳ボタン横にあるポップアップメニューから
選択すればよい。
3:ウエブページを翻訳する」にURLを入力又はコピー&ペーストすると、ページをまるごと
翻訳することができる。
ただし、文字量制限があるため、膨大な量のテキストを翻訳することはできない。
 
posted by saitekensaku at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | グーグル仕事術
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。