グーグル・ヤフー検索サイト機能の上手な使い方!サイト検索情報局

サイト検索!役立つ情報、知りたい情報を素早くつかむ、一歩先行くグーグルヤフー検索サイト機能のテクニックを紹介します。






スポンサードリンク

一番安い宅配業者を検索する方法!

ヤフー検索サイトの上手な使い方の一つに・・・荷物を宅配で出すときにどの業者を使うか?
 そんなときに便利なのが、「ヤフー・宅配」・・荷物ごとに安い宅配業者を検索!
 宅配便を出す場合、どの業者を利用するかで総量はかなり違うもの。
同じ大きさ、重さの荷物で、同じ運搬距離であっても、場合によっては400円以上も違ってくるから
馬鹿にならないです。深く考えずに、いつもどおり同じ業者でを使っていると、以外に損をするケースもあります。
そこで活用したいのが、「ヤフー・宅配
このサービスは、ヤフーが提携している複数の宅配業者から、荷物の種類や配送先に応じて、
一番安い業者を見つけてくれるサービスです。配送量の節約ができます。
 
1:ヤフー・ジャパンのトップページ http://www.yahoo.co.jp/ の 「買う」カテゴリから、「宅配」をクリックする。
2:「荷物を送る」から、発送したい荷物の種類を選択してクリックする。
3:配送元と配送先を郵便番号で指定し、「上記の条件で送料を計算する」をクリックする。
4:必要な送料が瞬時に表示される。最も安価な業者に依頼すれば、料金の節約ができます。 
 
 
 
 
 
posted by saitekensaku at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | yahoo!絶対得する話

ヤフー・ジャパンはこれからどうなる!?

ヤフー・jジャパンが目的とする「ライフ・エンジン」とは、ユーザーの生活を、
精神的により豊かに、より価値あるものにするために、複合的なサービスを提供使用というものだ。
 
その一つに、ヤフーボランテイアがある。
これは、ボランテイア活動に参加したい人、ボランテイア団体、それぞれのマッチングを
支援するサービスだ。
 
各ボランテイア団体、NPOの活動内容や、連絡先を検索できるのはもちろんのこと、
ボランテイアの募集やイベント情報までも提供する。
 
また、ヤフー上の決済サービス、ヤフー・ウオレットを使えば、災害時の緊急募金や常設の
募金活動をスムースに行うことができる。
 
これからのヤフーは、複数のサービスや機能を組み合わせることで、それぞれの可能性を
拡大し、インターネットが社会に提供できる価値を、さらに高めていこうとしているのだ。
posted by saitekensaku at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | yahoo!絶対得する話

なぜ「ヤフー・ジャパン」は急成長することができたのか?

ヤフー・ジャパンは、1996年に創立されて以来、わずか10年にして、
一日あたりのアクセス数が120億回を超えるまでに急成長した。
 
なぜヤフー・ジャパンは、これほどまでユーザーの支持を集めることができたのだろうか。
まず考えられるのは、ブロードバンド普及による利用者の急増、ネット利用時間の増加である。
 
ただ、それ以上に、・・・
「検索サイトからの脱却」といった方向性が、急成長の原動力であったといえるだろう。
 
現在、ヤフーは「検索サイト」でなく、ビジネスから、医療、教育まで、
人生のあらゆるテーマに対応した「ライフ・エンジン」を標榜している。
 
ブロードバンド時代になって、ユーザーも、今まで以上に多種多様な情報・サービスを
インターネットに求めるようになった。
つまり、ヤフーの変化と、ユーザーの指向の変化が、時代において合致したのである。
posted by saitekensaku at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | yahoo!絶対得する話

「ヤフーの誕生」と「日本」の意外な関係!?

アメリカのヤフーが誕生してからわずか9ヵ月後、ヤフー・ジャパンが設立された。
アメリカとほぼ同時に、日本でサービスが始まったことを不思議に思う人もいるかもしれない。
 
実は、ヤフーと日本との間には、二つの「意外な接点」があったのだ。
 
まず、創設者の一人、ジェリー・ヤンは、京都にあるスタンフォード日本センターが実地している
「リーダー育成プログラム」の二期生として、一年間の日本流g区経験がある。
 
当時、彼は後に妻となる日本人女性の助手と知り合い、猛烈にアタックしたといわれている。
 
もう一つは、「相撲」だ。二人の創業者は代の相撲フアンだった。
 
彼らがヤフー開発に使ったパソコンはそれぞれ、「曙」「小錦」といったニックネームが
つけられていた。
ヤフーはそこから誕生したのである。こういう話を知ると、ヤフーがますます身近に感じられる。
 
 
posted by saitekensaku at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | yahoo!絶対得する話

「Yahoo!」の社名の由来は?

「ヤフー(Yahoo!)」____この不思議な社名には、二つの由来があるという。
 
●1つは、
「Yet Anather Hierarchical Officious Oracle(もう一つの新たなる階層的データーベース)の
頭文字をとったという説。
 
アメリカのIT業界では、マイナーだが優秀なソフトを、尊敬の念をこめて
「Yet Another(もう一つのすばらしいもの)」と呼ぶ習慣があるのだ。
 
●もう一つは、
イギリスの作家スイフトが書いた、「ガリバー旅行記」の第4巻「馬の国」に登場する架空の生き物
「ヤフー」から取ったという説だ。
 
スイフトの物語では、ヤフーは主人である馬に忠実に仕える生き物として紹介されている。
つまり、二人の共同創設者は、自分たちのサイトを「世界中のネットユーザーに忠実に仕える者」
にしようと考えていたわけである。
 
現在のヤフーの姿から考えても、後者のほうが信憑性が高いようだ。
 
 
 
posted by saitekensaku at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | yahoo!絶対得する話

ヤフーの最初の姿は?「備忘録」だった!

ヤフーの最初の姿は「備忘録」だった?
 
アメリカのスタンフォード大学電気工学科の博士課程に在籍していた、
デビッド・ファイロとジェリー・ヤン。
この二人が1995年に創設した「Yahoo!(ヤフー)」は、今やポータルサイトの
代表的な存在である。
 
だが当初のヤフーは、現在の姿とはまるで違うもので、ネット上のサイトを記録した「備忘録
のようなものだった。
当時は、「お気に入り」のような機能がなかったため、二人は 有用な情報を集めるツールとして、
この「備忘録」を作ったわけです。
 
しかも二人は、この「備忘録」をビジネスにするつもりは毛頭なく、「ジェリーのWWWガイド
としてネット上に掲載しただけだった。
 
ところが、この「備忘録」は掲載と同時に評判となり、短期間で一日に10万人もの人が
アクセスするようになる。
 
単なる「備忘録」が巨万の富を生み出す「ポータルサイト」へと変貌し始めた瞬間であった。
posted by saitekensaku at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | yahoo!絶対得する話
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。